トラック買取 新Webサイト準備室 - 準備その3.サイトの構成を考える -

2017.07 «  - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - » 2017.09
TOP > 準備その3.サイトの構成を考える
 ← 番外その1.NASの移行も考える | TOP | 準備その2.必要なものとスケジュール

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


準備その3.サイトの構成を考える 

2013年01月12日 ()
新しいサイトでは「ブログ」「Wiki」「ポータル」を軸にする、というのは決めた。
ではそれをどのような形で実現するか。
最近はCMS(コンテンツマネージメントシステム)が充実していることもあって、昔ほど苦労はしなくなった。
ただ、アレンジを強化しようと思えば思うほど専門性は要求される。
 
kibayashi_0001.png
 
切った貼ったで出来れば簡単なんですけど、さすがにそうもいかない…。

でもCMSを導入するメリットはその切った貼ったで作成するという環境に近づけることが出来ることだったりする。
イメージにするとこんな感じ。
 
WS00536.jpg
 
一般的なWebページの場合、まずHTMLファイルを生成後FTPを使ってファイルをWebサーバーにアップロード、その後プレビューを確認してから公開とひとつひとつの作業にツールが必要になりますし、HTMLの編集はソフトを使わないと結構面倒だったりする。
フォーラムみたいな動的なスクリプトを使用する場合は更に別の知識も必要になる。
プログラムは多少は把握してましたけど、自分に負けた私はホームページビルダーとかDreamweaver使ってました、ハイ。
 
CMSを使う最大のメリットは、その辺の専門的な部分が全てまとまっていること。
構築の部分でレイアウトを決めてしまえば、あとは設定画面で更新をかけるだけなので、下手にアプリケーションを多用する必要がない。
一方で、CMSでカスタマイズしようとすると専門性が要求されることも往々にしてあるんだけど、ある程度のカスタマイズはテーマとして公開されているので、テーマを選択してそこからカスタマイズ出来るというのも良い。
企業で導入が進んでいるのも、この辺の管理コストを少なくしたいっていうのが少なからずあるような気がする。
 
じゃあ、どのCMSを選べばいいのか。
私が知ってるCMSはこんな感じ。
 
WS00537.jpg
 
比較しているサイトがあったけど、自分の会社でWordpressを作るように誘導しているように見える。
といいつつそんなに的をはずしてないかなという感想。
全体的に日本語のコミュニティがそんなに多くないかなーと思う中で、XoopsとWordpressは書籍も出てるので使いやすい方かなと思ってる。
ただ、Xoopsは瓶Webで使ってた時からそんなに更新されてないみたいで、最近のバージョン(2.5以降)では日本での使用事例はあまりないみたい。
というか、Xoops自体が廃れてきてる?
Xoops Cubeの方が日本ではどうやら扱いやすそう。
 
ただ、最近の世界的な利用状況を考慮するとWordpressの方が主流っぽい。
独自路線で的なのもいいんだけど、素直にWordpressで作った方が後々苦労することは少ないのかなと思う。
昔だったら絶対XoopsX!とか言ってたけどね、独自路線を貫くポイントはココじゃない。
時間は有効に活用したいんだよ、うん。
というわけで、Wordpressベースで作ることにする。
 
ここまででどーいう形にするかは決まったので、次は具体的にマシンを組み上げつつ、Webサイトの名前とかドメイン名取得とかを進めていこうかと。
[2013.01.12(Sat) 23:30] 新Webサイト準備室Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 番外その1.NASの移行も考える | TOP | 準備その2.必要なものとスケジュール

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 番外その1.NASの移行も考える | TOP | 準備その2.必要なものとスケジュール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。