トラック買取 新Webサイト準備室 - 準備その2.必要なものとスケジュール -

2017.05 «  - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - » 2017.07
TOP > 準備その2.必要なものとスケジュール
 ← 準備その3.サイトの構成を考える | TOP | 準備その1.方針の策定

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


準備その2.必要なものとスケジュール 

2013年01月11日 ()
予算とかを決める前に、物理的なものを確定させておく必要がある。
といっても個人の環境で始めるWebサイトだし、過去の実績を見てもアクセスなんて月に2000件あるかないかくらいでしょう。
だからデュアルコアくらいのPCが1台あればいいかなと。
考慮すべき点としては停電対策だけはしておいた方が良いかなくらい。
落雷とかよりも、夏場のクーラー使いすぎとかでブレーカーが落ちるので…;
 
bakachin.png
 
決して電気を無駄遣いにしてるとかそういうわけではありません…。

具体的なところについては、やはり過去を振り返りつつやりたいことを整理してみる。

WS00527.jpg
 
当時は予算をケチって、というか機能的に充分だったことから、HPの格安サーバーを「ヤフオク」でゲット。
その後内部の手直しを加えて運用していました。
機能的には充分でしたが、いかんせんサーバーでしたのでうるさかった…;
それに電気代が意外とかかった、これが結構大きい。
だいたいこれを動かしてる時と動かしてない時で3,000円くらい違うので、このサーバーを動かす=3,000円くらいの経費は計算しておく必要がある。
年間にすると36,000円…、趣味にかける投資としては安い方かもですがもっと抑えられると思うし、出来れば年間のコストは2/3くらいには抑えたい。
 
あと、DDNSが更新されない→DDNS更新操作をするというやり取りが月1~2回は発生してた。
これが結構面倒だった…。
旅行ですぐ触れない時とかにこの事象が発生すると泣くしかなかったorz
というわけで、DDNSには工夫が必要なのと同時に、遠隔操作の仕組みを考慮する必要がある。
自宅でもPCの場所までいかんでも良いように出来るといいかなと。
 
要件的には「電気代」「リモート操作」の2点が満たせれば良い。
では具体的にどうするか。
 
WS00528.jpg
WS00529.jpg
 
まず電気代については、最近のPCが結構省電力なのでその力を普通に頼るw
例えば、比較対象にするには極端なんだけど、オリオスペックって秋葉原のBTOメーカーが超静音サーバーでQUIESPEC Xeon 1U FANLESS SERVERって製品を出してる。
ここで使ってるXeon E3-1220L v2というのがかなり狂った消費電力で、TDPが17WとノートPC並で通常のCPU製品と比較したら1/3、昔のAthronと比較したら1/5とか…。
そこまでいかんでも、低消費電力なのはいいよね!
 
でも、それを実現するには搭載可能なマザーボードを用意する必要がある。
残念ながら、Xeon E3-1220Lv2が搭載可能なマザーボードとなると必然的にサーバーボードになって、しかも普通に\20,000超えちゃう。
CPUとか諸々揃えたら結構な金額になるので、ちょっと厳しい。
電力以外の要件を満たすマザーボードにしないといけないとなると、もう一つの要件は「リモート操作」。
 
実はリモート操作はIntelCPUののマザーボードであれば意外とあっさり実現可能。
「Intel Qxxチップセット搭載」と書いてある製品を選べばよい。
Intel vProテクノロジーというのがあって、企業のPC管理者が企業内PCを一括で管理(ヘルプデスクとかプログラムの更新とか資産管理とか)出来るようにする仕組みで、管理者はAMTってツールを使うことで、電源のON/OFFとかBIOS操作とかOSインストールといった、現地でないと出来ないような操作も実現可能としてます。
つまり、vPro搭載のマザーボードさえ選べばやりたいことは実現する。
サーバーボードほどの信頼性はないけど機能的には充分だし、なにより初期コストがサーバーボードの半分以下に抑えられる!
 
あとはOSだけど、これは普通にRedhat系のOSにする。
旧サーバーではCent OSってRedhatのクローンOSを使ってたけど、今回のサーバーには同じクローンのScientific Linuxを使用する。
理由としてはCent OSより開発頻度が(体感的に)早いのと、このOS自体は研究開発用途での利用が多いので、開発の遅延はいろいろな産業に支障をきたす=開発は止まらないという解釈から。
その辺はCentOSより信頼していいかなと…、不安要素がないわけではないけど。
 
で、環境を1枚画にすると、まだ構成が単純なのですっきりしてる。
Webに限らなければ結構複雑になるんだけど。
今回は外部とかからの遠隔操作は検討しないし、Firewallも最低限にとどめる。
必要になったらその時考える。
とはいえ、ここを実験の場として考える以上、そのうちやることになるかな…。 
 
今後のスケジュールはこんな感じ。
 
WS00530.jpg
 
CMSをどれにするかが結構ポイントになりそう。
ブログだけならWordpressでいいんだけど、Wordpressってどれくらい出来るのかな?
Xoopsは機能こそ充実してるんだけど、多機能すぎるのと更新頻度が遅いことから最近廃れてきてるし。
ただ、そこさえ決まればあとはトントン拍子に進むと思う。
なので、2月までには出来上がってるといいな。
 
しれっと書いてるけど、移行が終わり次第このブログは閉めます。 
パスワードがないと見れないよ的な感じで。
全部見れなくするんではなくて、一部の記事は新しい方にも移行しようとは思ってます。
新しい方をどのような形にするかは次の記事で改めてみます。
[2013.01.11(Fri) 23:15] 新Webサイト準備室Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 準備その3.サイトの構成を考える | TOP | 準備その1.方針の策定

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 準備その3.サイトの構成を考える | TOP | 準備その1.方針の策定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。