トラック買取 新Webサイト準備室 - 231.信長の野望おふらいん -

2017.05 «  - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - » 2017.07
TOP > 231.信長の野望おふらいん
 ← 232.金策に走る人々 | TOP | 230.いたずら心を忘れずに

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


231.信長の野望おふらいん 

2006年03月30日 ()
こんにちわ、水瓶です。
 
最近、IN時間が減っていますが、これはFF12全盛の中、一人「信長の野望・革新」を頑張ってるからですw
いやぁ、このゲーム久しぶりに難しさを感じてます;
リアルタイムで何回でも指示は出せる、これがこのゲームの売りです。
だから、戦闘も内政もリアルタイムでなかなかスリリングな展開ができるので面白いですよ。
 
しかし、コンピュータ大名の強いこと強いこと・・・。
私は登録武将を何人か作って朝倉家で始めたのですが、北陸4国を統治する間に、武田信玄が東日本で猛威を振るってまして・・・;
なぜか春日山城で武田家と壮絶な死闘を繰り返しているのですが・・・、信玄テラツヨス
 

ちなみに、私は信長が家督を継いだ1550年前後を好んでスタートに選んでいますが、信長の野望シリーズでいつも思うのは、
1.物量で圧倒できる大名
2.外交的もしくは地理的に恵まれている大名
が結構生き残っている印象を受けます。
1は大友宗麟や三好長慶、2は島津貴久、南部晴信、北条氏康あたりかな。
そのため、史実通りに武将の力量とここ一番のギャンブル的要素で台頭した織田信長や徳川家康、毛利元就といった大名はこのシナリオではあまり強くないのです;
プレイヤーとして使えば当然結果は違ってきますけど。
 
で、武田信玄が常に強いかというとそうでもない。
甲駿相同盟があり、条件的には2に該当するのですが、早い段階で動かないと地理的に有利な北条に関東を奪われ、かつ動けない状況で上杉謙信か斉藤道山と戦わなければいけない、なかなかスリリングな大名なんですよね。
たまに使っているので、手詰まりになるといつも泣きます。
今回のケースは北条家が手詰まりになってる隙に関東に突破口を開いた武田家が堰を切ったように暴れだした、といった次第です。
 
で、私はいつも○○家を使います!というのはあんまりないですねー。
強いてあげるなら、紀伊の雑賀衆でしょうか。
鉄砲や騎馬の強さに取り付かれているのと、地理的に優位に進められることを前提としたいからです。
が、今回やっている「革新」は雑賀衆には非常にやりにくい環境でして、朝倉家を使ってみた次第です。
武将を作ってしまえば、朝倉家の武将はあんまり関係ないですからねw
 
まあ、それでも武田の家臣団には手こずってまして・・・orz
こうなったら、登録武将もっと増やして対抗しようかな・・・。
[2006.03.30(Thu) 19:21] 水瓶の日常Trackback(1) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

のんびりーカキコ by ほふ
"革新"はしたことないですがー
いつもやるパターンは 島津->足利(義輝)->雑賀->真田->畠山(能登)
って感じです。
島津は、"地元"なんでいつもはじめはこれですね。
後のはとにかく初期状態でとっても苦労するってことですね^^
(まぁわたしもMなんでしょw)
本能寺前夜の雑賀や真田なんて、手持ちのキャラは強烈だけどそれ以上に外圧が強烈なのがお気に入りです
畠山にいたっては、かなり長期にわたって胃がキリキリするのが好みでw

by 水瓶
島津はね・・・、覇王伝で一回使いましたけど、長期戦略が立てやすいので(後ろ気にしなくていいから)すぐに飽きてしまいましたorz
そういう意味で、関東・東海の大名は強くても気が抜けません。
私が今回朝倉を使ったのは、盟友・浅井家をいかに防波堤にすることで北伐できるか、という戦略でやってみたかったからです。
浅井が滅んでからは包囲網で相当苦しみましたが;
 
能登畠山も、作品によっては結構頑張れそうな雰囲気はありますね。
実は私、攻城戦よりも籠城戦の方が得意でして(真田や雑賀使う人なら分かるでしょう)。
遊佐続光を中心にした七尾城は守りやすくて好きでしたよ~。

コメントを閉じる▲

 ← 232.金策に走る人々 | TOP | 230.いたずら心を忘れずに

COMMENT

"革新"はしたことないですがー
いつもやるパターンは 島津->足利(義輝)->雑賀->真田->畠山(能登)
って感じです。
島津は、"地元"なんでいつもはじめはこれですね。
後のはとにかく初期状態でとっても苦労するってことですね^^
(まぁわたしもMなんでしょw)
本能寺前夜の雑賀や真田なんて、手持ちのキャラは強烈だけどそれ以上に外圧が強烈なのがお気に入りです
畠山にいたっては、かなり長期にわたって胃がキリキリするのが好みでw
[ 2006.04.03(Mon) 19:10] URL | ほふ #diOHg7nU | EDIT |

島津はね・・・、覇王伝で一回使いましたけど、長期戦略が立てやすいので(後ろ気にしなくていいから)すぐに飽きてしまいましたorz
そういう意味で、関東・東海の大名は強くても気が抜けません。
私が今回朝倉を使ったのは、盟友・浅井家をいかに防波堤にすることで北伐できるか、という戦略でやってみたかったからです。
浅井が滅んでからは包囲網で相当苦しみましたが;
 
能登畠山も、作品によっては結構頑張れそうな雰囲気はありますね。
実は私、攻城戦よりも籠城戦の方が得意でして(真田や雑賀使う人なら分かるでしょう)。
遊佐続光を中心にした七尾城は守りやすくて好きでしたよ~。
[ 2006.04.04(Tue) 21:42] URL | 水瓶 #CZRq1Y1. | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback


信長の野望信長の野望シリーズ(のぶながのやぼうしりーず)は1983年に株式会社光栄マイコンシステム(後に「光栄」→「コーエー」)が発売した「信長の野望」を第1作とする日本の戦国時代 (日本)|戦国時代をテーマとした歴史シミュレーションゲームのシ
[ 2007.06.01(Fri) 11:55 ] ひなの部屋
 ← 232.金策に走る人々 | TOP | 230.いたずら心を忘れずに
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。